2015年6月1日月曜日

走行中にロードバイクのハンドルが突然折れました!(つづき)

前回の続きです。

BMCの人に見てもらえるということで送った写真たちはこちら
で、待つこと数日、回答がきました。

輸入商社からの回答


要約すると…
・写真だけでは、なんとも判断できないけど…
・おそらく最初のオーナーがステムをいじった時にカラムを傷つけたのではないか。
・ただ、ステムが変わっているのでなんとも言えないけど。
・ステムをオーバートルクで締めていたとしたら縦にヒビが入るのでそれが原因の可能性は低い。
だそうで。つまり中古車販売業者が販売前にちゃんと確認しなかったと言わんばかりに、責任をなすりつけた感じで。

『写真でわからないなら、現物見てよ!』

って言いましたが、

「いや、見てもわからないし、申し上げることは変わりません」

と、やる気も誠意もない感じでした。

いや、しゃべり方とか、対応の仕方は決して嫌な感じではないが、要するに何もしてくれない。政治家か?

おわり。

じゃあ、納得出来ない。
もーさー、お金の問題じゃなくてさ。

所詮ホビーライダーだとしても、いちサイクリストとして、この事故の原因が未解決のまま自転車の乗り続けることは怖くて気持ち的にできないわけ。

「名探偵コナン」の事件発生だけみて、犯人を見ぬままビデオの録画を削除されたような。そんな、気持ち。

今度は、販売店に電話して
「賠償してくれとは言わないから、せめて現物を見て判断してください」
ってお願いしました。
快諾です。終始、この販売店はとても対応がちゃんとしている。

販売店の見解


ステムのトルクも確認してもらいましたが、おそらく問題ない。むしろ少し緩いぐらい?
組み上げ時の問題は、販売店も、輸入業者も指摘していない。おそらく…
「たまたま、固有の問題でカラムのカーボンが弱かったのでしょう…」
と。

BMCのSLR-01はおそらく世界で何万台と出ているでしょう。それに全部同じ問題があったら、もっと大きな問題になっているでしょうね。

たまたま、私の買ったものだけがカーボンが弱くなっていた…

と、考えるしか無いでしょうか。逆宝くじにに当たった的な。今、宝くじを買えば逆に当たるかな?的な。

そんな感じで幕切れです。

なんだか、自身の体がほぼ怪我はなく、時間も経ってしまって面倒になり。

海外旅行中にお金すられた!。゚(゚´Д`゚)゚。
でも、無傷だし。しょうがないか…

ぐらいに考えることにしましたとさ。

そんなんで、いいですかね?

同じ、不幸を見る人はいませんよね?

だったらいいのですが…

0 件のコメント:

コメントを投稿